HOME風水MONOのご案内

Goods

八卦香炉

八卦香炉 ¥5,800
(高さ64mm×幅68mm)

風水MONO認定の紫砂で焼き上げた素焼きの香炉でございます。太極、八卦の上卦が上蓋で、香炉の台が下卦で、回しておけば六十四卦を演出できます。
また、上蓋が後天八卦で下の台が先天八卦になっています。中華の文化風物と成る優れた縁起物です。

うてなもつけましたので、瞑想、来客時にご活用くださいませ。

ちなみに松栄堂の堀川がオススメでございます。

ご購入はこちら

 

八卦香炉部分

四柱推命

【三合派】風水山道コンパスグラス(黄/LED付) ¥25,800


コンパスグラスとは、方位磁石の最高位とされる方位磁石付きのフィールドスコープです。 この度、三元派と三合派でよく使う層を用いた二種類のオリジナルコンパスグラスを開発しました。 コンパスグラスは国内生産の老舗「石神井計器製作所」のものをOEMで使用しています。
【対応した三合技法】些子水法(後天数入り)/人盤砂法/黄泉水/黄泉八殺/柱撥砂法/透地奇門/生旺墓水法/五鬼運財水法/九星水法(輔星卦水法)

風水パワースポット

【三元派】風水山道コンパスグラス(黒/LED付)  ¥25,800


コンパスグラスとは、方位磁石の最高位とされる方位磁石付きのフィールドスコープです。 この度、三元派と三合派でよく使う層を用いた二種類のオリジナルコンパスグラスを開発しました。 コンパスグラスは国内生産の老舗「石神井計器製作所」のものをOEMで使用しています。
【対応した三元技法】 玄空大卦/玄空飛星/龍門八局水法(乾坤國寶)

四柱推命

地理風水法羅盤3.2寸(10cm) ¥18,800


唐時代に金紫光録大夫として宮廷に仕えた楊救貧から直伝の風水・水法を使いこなす上での必要なことをサイズに合わせて盛り込んだつくりになっています。
*3.2寸(10cm)の羅盤は小型サイズとなっており、7寸と8寸が21層にあるのに対して、全十一層の三元派羅盤となっております。

易占

地理風水法羅盤7寸2分(22cm) ¥31,290


唐時代に金紫光録大夫として宮廷に仕えた楊救貧から、直伝の風水水法を使いこなす上での必要なことを全て盛り込んだつくりになっています。
この水法は、巒頭(外的要因)と理氣(室内的要因)を同時に観て行くことに特徴があります。 つまり、大地からの影響を考慮した風水です。 また、三元派・三合派羅盤を複合してあり、天・地・人盤全てが網羅されております。

風水

地理風水法羅盤8寸6分(26cm)レーザーポインタなし ¥35,800


唐時代に金紫光録大夫として宮廷に仕えた楊救貧から直伝の風水水法を使いこなす上での必要なことを全て 盛り込んだつくりになっています。
この水法は、巒頭(外的要因)と理氣(室内的要因)を同時に観てくことに特徴があります。つまり、大地からの影響を考慮した風水です。
また、三元派・三合派羅盤を複合してあり、天・地・人盤全てが網羅されております。
つくりも、最上級の電子木に加え、羅盤の円盤部は、特殊コーティングされ、半永久的なつくりになっています。

風水

地理風水法羅盤8寸6分(26cm)レーザーポインタ付 ¥45,990


唐時代に金紫光録大夫として宮廷に仕えた楊救貧から直伝の風水水法を使いこなす上での必要なことを全て 盛り込んだつくりになっています。
この水法は、巒頭(外的要因)と理氣(室内的要因)を同時に観て行くことに特徴があります。 つまり、大地からの影響を考慮した風水です。また、三元派・三合派羅盤を複合してあり、天・地・人盤全てが網羅されております。
羅盤に搭載されたレーザーの赤い点(レーザーポインタ)が、計測する対象物を捉え、さらに対象となるオブジェが、 羅盤上のどこに位置するか正確に指し示します。

風水

地理風水法羅盤解説書 ¥3,675


地理風水法における全二十一層の詳細解説書。日本で知られることがなかった天の気(雨)、水の流れを芸術(アート)の領域で読み解き、森羅万象を探求する羅盤の使い方を詳細にわかりやすく解説しております。

風水

玄空大卦羅盤(5cm×5cm) (鍾進添/山道帰一) ¥9,800


羅盤は、卦理分金(玄空大卦)を学ぶ人に使い易いつくりになっており、玄空大卦に必要な情報を網羅し、どこに行ってもすぐに、玄空大卦による判断が可能な仕組みになっています。羅盤は、卦理分金(玄空大卦)を学ぶ人に使い易いつくりになっており、玄空大卦に必要な情報を網羅し、どこに行ってもすぐに、玄空大卦による判断が可能な仕組みになっています。
デザイン設計:山道帰一  監製: 鍾進添

風水

特製MINI羅盤(5cm×5cm)  ¥9,800


太陽の紋章のように光り輝く羅盤をイメージしたミニ羅盤。

このページのトップへ